ベンツ離れ

ベンツ

ベンツ離れ

今の日本の自動車業界のトレンドといえば、低燃費やスマートアシスト、自動ブレーキなどです。これらは安全性や省エネ性を高めてくれる重要な機能ですが、何も車は効率的に走るだけが魅力ではないというのは世界中の車好きの共通認識だと思います。しかし、そんな声も空しく、世界は今高級車離れが加速しています。かのメルセデス・ベンツさえ、そのあおりを受けているのが現状です。元々高級車として富裕層に訴えかけていたイメージ戦略が、現代において仇になってきているという印象です。しかし、日本では高級車という顔があるベンツも実はその顔は日本だけで、色々な業界に対応する業務用の車種を世界中で販売しているのが一番メジャーな顔といえます。これからはベンツにも、日本で創り上げた高級ブランドのイメージから脱却し、業務用車の販売台数を伸ばしていく運営が求められるようになる時代がやってくるかもしれません。あるいは、ブランドイメージを保つ道として、独自性を持った自動運転車を視野に入れることも重要なのではないでしょうか。